コース内容

Unity Thai Language School

各コースは20日間(午前か午後の半日)で1単位となっています。1クラス5-12人の少人数制で、ほとんどタイ語だけを使う直接教授法を採用していますので、最初からタイ語漬けになります。各コースの内容は以下のようになります。

Training

モジュール 1

モジュール1では、タイ語の母音と子音の音と5つの声調の違いとその発音を学習します。受講生はタイ語の読み書きに必要な、タイ文字ではないアルファベットを使った音声表記法を学びます。さらに基本的な語彙や、自己紹介、食事の注文、道の尋ね方などといったさまざまなトピックについて、基礎的な会話の練習をします。

モジュール 2

モジュール2ではひきつづきアルファベットを使った音声表記法を使用します。受講生は地理、天気、体の部位の名称、そして感情の表現や季節といったテーマについて学習し、さらに語彙力と会話能力を伸ばします。

モジュール 3

モジュール3ではタイ文字の筆記法を導入し、子音と母音の一部について読み書きの仕方を学びます。ここでもひきつづき語彙と会話能力を高めます。

モジュール 4

モジュール4ではタイ文字の筆記法をさらに学習し、引き続き語彙力と会話能力の向上を図ります。モジュール3につづいて、すべての子音と母音の読み書きを学びます。毎日、聞き取って書く練習と宿題をすることで筆記能力が上達します。

モジュール 5

モジュール5では、タイ語独特の文語体の学習に重点が置かれています。受講生は『タイの果物』『チャオプラヤー川』や有名な『チャトチャックウィークエンドマーケット』といったテーマの、タイの生活に関する短いエッセイを読んで、基本的な読解技術を学び、小作文を書く練習をします。リスニングと筆記の能力は、毎日の聞き取りと宿題によって強化されます。

モジュール 6

モジュール6では、タイ語の口語体の学習に重点を起きます。日常会話で話される俗語や慣用語の一部、そして一般的に用いられる言葉遣いや表現の仕方が数多く紹介されます。2人もしくは3人以上による基本的な会話文を読むことで、読む能力を伸ばします。ここでも受講生のリスニングと筆記の能力は、毎日の聞き取りと宿題によって強化されます。

上級モジュール

モジュール1から6を修了した受講生が、聞く、話す、読む、書く技術をさらに強化するためにさまざまな上級モジュールが用意してあります。

Unity Thai Language School

モジュール: タイのライフスタイルと地域社会

このモジュールでは、タイの自然環境、天候、景観について学ぶことができます。家、装い、食生活、習慣や伝統、家族、子育て、タイ地域社会の価値観、宗教と信条、タイで培われた知恵、タイ語の歴史といったテーマについて、それぞれの地域によって異なる生活様式があることを学ぶことは、タイで暮らす外国人にとってとてもためになるものです。

モジュール:タイ国教育省タイ語能力習熟度検定試験対策

このモジュールは毎年11月下旬から12月初旬に行われる試験対策として、9月から11月まで開かれます。
① 地図やグラフを読み取ってその内容を説明する。
② 課題について自分の意見や考えを書く。
③ 詩や記事、童話などの文章を注意深く読んで、その文章の要点を把握し、それに関する質問に答える。
④ ニュースや文献、日常生活の様子などについて聞き、質問に答える。
⑤ 面接試験での質問の受け答えの仕方を学ぶ。
これら5つの厳しい練習を通して、聞き取り、作文、読解問題、面接の各試験で、最高の結果が得られるようにします。

UTL-Training

上級モジュール

社会問題

このモジュールは、薬物使用、離婚や売春などといったタイの社会問題を紹介します。社会問題についてエッセイを読むことで語彙を増やします。授業中の会話や作文のテーマは社会問題に関する受講生の意見や考えが中心となります。

新聞 1

このモジュールは、タイの新聞の基本的な語彙と記述方式を紹介します。教科書には過去の新聞から、政治、経済、健康とスポーツなどといったさまざまな話題に関する記事が掲載されています。授業中の会話や作文の課題は新聞記事が中心となります。

新聞 2

このモジュールは、タイの新聞を実際に読んで理解する力を向上させます。受講生の関心に合わせた実際の新聞記事を使って授業を行うので、授業中の会話や作文の課題は受講生にとって有意義なテーマとなります。

タイの歴史

このモジュールは、スコータイ、アユタヤ、トンブリ、そしてチャックリーの各王朝期の主なできごとや王様のような偉人、重要な都市、そして戦争など、社会や経済の時間経過の過程によって形成されたタイの歴史を紹介します。

タイの民話

このモジュールは、タイの民話を紹介します。タイの民話は教訓や道徳的な示唆が含まれたものが多く、こどもたちはこれらの民話を通して道徳や善行を教えられます。

タイの習慣と文化

このモジュールは、ソンクラーン(タイの新年)やロイクラトーン(灯篭流し)などの、タイ暦の中の重要な風習、習慣や文化を紹介します。

タイのことわざ

このモジュールは、タイの一般的なことわざを紹介します。タイの文学や会話はことわざと慣用句に満ちていて、タイの文化を学ぶための重要なツールとなっています。

医療用語

このモジュールは、医学の分野で使われる専門用語を紹介し、病気の症状や体の部位を医者に説明するための語彙を学ぶことができ、特にタイで働きたい医師や看護師のために役立ちます。

タイの仏教

このモジュールは、タイの仏教の教えや信条とその実践、そして仏暦の中の重要な日や結婚式、葬式、出家といった仏教の影響を受けたタイの人々の生活の中の大切な儀式などを紹介します。授業では宗教の専門用語を学び、寺院への訪問も含まれています。

聖書

このモジュールは聖書の専門用語を紹介します。

家事

このモジュールでは、日ごろハウスキーパーとコミュニケーションをとる必要のある方のための理想的なコースです。家庭内のさまざまな家事をする方法をハウスキーパーに教えるための、台所用品、調理用具、掃除用具、そして、赤ちゃんの世話用具といった基本的な語彙や会話文が紹介されていて、栄養や作法についても学びます。受講生の関心によっては料理の飾りつけなどのオプションもあります。

観光旅行

このモジュールは、タイの中のそれぞれ違った地域、各々の地方の主要な地区、そしてそれらの行政区で訪問するべき、重要な場所を紹介します。

タイで働くことを考えている、あるいは長くタイに住む予定の受講生には、タイの人々やタイ文化への理解を促すために、「社会問題」「タイの習慣と文化」「タイの仏教」「タイのことわざ」の4つのコースが特にお勧めできます。